スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

いろとりどり

こんにちは。

本日の絵本は、いろとりどりです。

著・マーカス・フィスター/翻訳・谷川 俊太郎 /出版社・講談社。

12月、さすが寒くなりました。

クリスマスイルミネーションも、いろとりどりにキラキラとキレイですが、
他にもいろんないろとりどりがありますょね。

いろとりどりのお花のプリントチョコ、いろとりどりのフラワーミドルマグ、
セザンヌの食卓いろとりどりの林檎たち、PSV いろとりどりのセカイ WORLD'S END RE:BIRTHも・・・。

こちらの「イロトリドリ」歌ですね。なんて顔してしょげてんだ・・・
どんな願いも叶うようにいい加減良い加減踊りダンスという
歌詞だと思うのですが…。


絵本の「いろとりどり」は、カアカア鳴くことしかできないと思っていた
カラスたちの前に、見たこともない「いろとりどり」が突然あらわれたお話です。

「いろとりどり」は、退屈でしかたがない毎日を過ごしていたカラスたちに、
歌うことや踊ること、笑うことのすばらしさを教えます。

カラスたちは、陽気を手に入れ、クルカア歌い、クルカア踊り、
自分がカラスであることに肯定感を抱くようになっていくものがたりですょ。

いろとりどりの詳細はこちらから⇒【送料無料選択可!】いろとりどり (講談社の翻訳絵本)[本/雑誌] / マーカス・フィスター/作 谷...
JUGEMテーマ:オススメの本


posted by: pretty7 | 絵本&本 | 16:13 | - | - | - |

まるまるまるのほん

JUGEMテーマ:オススメの本





絵本・まるまるまるのほん

著者・エルヴェ・テュレ/訳・谷川俊太郎/ポプラ社/ページ数56ページ


絵本の中身はまるいかたちががいっぱい。


このまるがすごいんです、わくわくしますね。


形がまるだけの絵本ですょ。


このまるがとっても新感覚でワクワクする絵本です。


そのまるをおしてみると?


こすってみると?


ゆすってみたら?


くりっくしてみたら?


かたむけてみると?


まるはどう動くのでしょうか?


絵本の指示通りの動作をしていくことでまるが動いていきます。


おす?こする?ゆする?クリックする?傾ける?


言葉の意味や、動作ががわからないときは、


いっしょにやってあげましょう。


この不思議な感じが、まるまるまるのほんの魅力なのでしょう。


ページ数が多めですが、子どもたちにぜひ楽しんでほしい1冊です。


大人も楽しめる絵本ですね。


いろいろいろのほん/エルヴェ・テュレ

この絵本も新感覚絵本として好評です。

著・エルヴェ・テュレ/訳・谷川俊太郎/ポプラ社/大型本64ページ
posted by: pretty7 | 絵本&本 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |